小規模宅地とはの記事一覧- Page 2 of 2 - 知ってました?相続における小規模宅地の特例

HOME » 小規模宅地とは

小規模宅地とは

小規模宅地の特例の種類とは

小規模宅地の特例を適用させることで被相続人から相続する土地の評価額を大幅に減額することが出来ます。
そのため土地を相続する場合には適用できるかどうかを最初に確認しておきたいことの一つとして取り上げられることも多いです。
この規定に関しては、被相続人から相続する土地に対して、一定の要件を満たしている上で特例を受けることができるのです。
相続する土地の種類によって、要件や減額できる割合などが異なっています。
≫ 『小規模宅地の特例の種類とは』

小規模宅地の特例の条件とは

小規模宅地等の特例とは、被相続人から土地を相続するにあたって一定の条件を満たしていると特例が使用できるというものです。
小規模宅地の特例は土地の評価額から8割減額することができるので、節税効果が非常に高く注目されています。
この小規模宅地の特例の対象となるのはすべての土地というわけではありません。
細かく条件などが設定されていますので、これから土地を相続するという方はご自身が対象になるかどうかをチェックしておきましょう。
≫ 『小規模宅地の特例の条件とは』