小規模宅地とはの記事一覧 - 知ってました?相続における小規模宅地の特例

HOME » 小規模宅地とは

小規模宅地とは

小規模宅地の特例で節税を

小規模宅地特例

・小規模宅地の特例制度を活用しよう!
被相続人の自宅を相続する時には、とてもメリットの大きい節税手段がありますので要チェックです。
それは小規模宅地の特例という制度を、しっかりと利用するということ。
この小規模宅地の特例とは、どのような制度なのでしょうか?
ここで詳しく解説したいと思います。

・小規模宅地特例とは?
小規模宅地特例とは亡くなった被相続人の宅地を相続する時に、一定の要件を満たした場合に限り、相続税が8割引になるという制度です。
1億円の評価額の宅地を相続した場合、本来なら1億円に対して課税がされるのですが、この制度を適用すると、8割引の2千万円に対して課税されることになります。
この制度は主に建物のある宅地であることが条件で、空き地には適用されません。
また、面積の要件や適用される人物の要件があります。

・小規模宅地の要件
小規模宅地に該当する条件は面積が、330平方メートル以下であること。
これは坪数で言うと、100坪以内ということになります。
この条件を超えるような、広すぎる宅地は制度の適用外ということです。
適用される人物の要件は、被相続人の配偶者であるか、被相続人の同居親族であることが条件とされています。
また、少し特殊な要件となりますが、家なき子特例に該当するケースでも相続人がこの特例の適用を受けられることになります。
つまりこの制度は赤の他人が同居しててもダメで、被相続人の配偶者であるか、生計を一にする親族でなければならないということになります。

・小規模宅地特例を利用する際の注意点
小規模宅地特例を利用する場合は、同居しているという事実が必要になります。
例えば住民票だけを移して見せかけだけの同居を演じても、徹底的に税務署に調べられてしまいますので絶対にやらないようにしましょう。
悪質な場合は課税逃れになってしまいますので、十分注意が必要です。
ちなみに被相続人が亡くなる前に、どれだけの期間同居者が住んでいたのか?については問われません。
一ヶ月でも一年でも構わないのです。
ただし、被相続人が亡くなってから10ヶ月間は、そこに相続人が居住していることが条件になります。

・家なき子特例について
平成30年4月1日に改正された家なき子特例について解説したいと思います。
この制度は、亡くなった被相続人と3年以上別居している親族で、自分の持ち家に住んでいない賃貸暮らしをしている親族が対象になります。
また、配偶者や同居している親族がいない場合のみ、この人物に小規模宅地特例が適用されることになります。

小規模宅地特例で満たす要件

小規模宅地特例

相続遺産に課せられる相続税には様々な特例がありますが、その中でも最重要と考えられるのが小規模宅地等の特例です。
この小規模宅地等の特例というのは、一定の要件を満たす被相続人が居住していた土地や事業をしていた土地に関して、80%または50%まで評価額を減額できるといった特例になります。
その為、例えば被相続人の自宅敷地の相続税評価額が1億円とした場合には、小規模宅地等の特例を適用すると評価額2,000万円で相続税を計算することになるのです。
このように大幅な評価額の減額が可能となる特例措置が設けられている理由は、被相続人が居住していた土地や事業をしていた土地は、相続人の生活基盤となる重要な財産と考えているからになります。
その財産に対して通常のように相続税をかけてしまうと、相続した後の相続人の生活を脅かす可能性が考えられるといった配慮からです。

ただし、この最大で80%も評価額を減額できる小規模宅地等の特例ですが、要件を満たしていることが条件になりますし、その要件はとても複雑になっています。
その大前提は、被相続人か被相続人と同じ生計で生活していた親族の事業または居住用として使用していた宅地であること、その土地が建物または構築物の敷地であることといった2つの要件です。
また、この2つの要件を満たしていることによって初めて次のステップに進めるので、この要件を満たしていない時には、その時点で小規模宅地等の特例の対象になりません。

次のステップは、宅地の種類で要件が違ってくるのでその確認が必要になるのです。
まずは被相続人が住んでいた宅地の要件で、これは被相続人が住んでいた宅地と、もうひとつ被相続人の生計一親族が住んでいた宅地に分けて確認します。
被相続人が住んでいた宅地で、被相続人の配偶者、被相続人と同居していた親族、被相続人と同居していなかったけど要件を満たす親族が相続した時にのみ適用となるのです。
それから被相続人と生計を一緒にする親族が住んでいた宅地の場合は、被相続人の配偶者、被相続人の生計一親族といった人が相続した場合のみ適用になるのです。
被相続人などが事業をしていた宅地の要件は、申告期限までに被相続人の事業を引き継いで事業を申告期限まで継続すること、その宅地を申告期限まで保有することといった2つの要件があります。
その他にも、特定同族会社事業用宅地や貸付事業用宅地の要件があって、これらの要件を満足すことにより小規模宅地等の特例の利用ができるのです。

知ってました?相続における小規模宅地の特例

財産評価01

遺産相続の対象となる財産の中に不動産がありますが、不動産は相続する可能性の高い財産としても知られており、実際に相続した経験がある人もたくさんいると思います。
また遺産相続をするときに必ず意識しておかなければならないことに相続税がかかるかどうかがあげられ、不動産のように評価額の高くなりやすい財産を相続する場合は特に意識しておく必要があるでしょう。

しかし不動産を相続する場合、「小規模宅地の特例」という制度を適用できることがあって、この特例を適用させることができれば80パーセント~50パーセントの節税効果ができますので、相続税の負担を減らすあるいはなくすことができるかもしれません。
そこでここでは小規模宅地の特例とはどのような制度なのかお伝えしていきたいと思いますので、これから遺産相続する可能性がある人は覚えておいてください。

はじめに先ほども言いましたが小規模宅地の特例が適用されると80パーセント~50パーセントの節税効果ができるのですが、そのためには条件があってそれを満たしていなければなりません。
その条件とはまず「被相続人あるいは被相続人と同じ財布で生活していた親族の事業・居住の用に供されていた土地だけでなく借地権等も含む宅地等であること」そして「その宅地等が建物又は構築物の敷地であること」に当てはまっていることがあげられます。

同じ財布で生活していた親族とは専門用語で言うと生計一親族と言いますが、要するに被相続人と同じ家計で生活していた人のことを指しますので、たとえば配偶者や同居している子供などが該当します。
さらに宅地に建物や構築物がないといけませんので、たとえば駐車場を相続するとしてもそこが青空駐車場だと小規模宅地の特例の対象にはなりません。

この2つの条件を満たしたうえでさらにもうワンステップ踏んでいかなければなりません。
次の条件となるのは特定事業用宅地等、特定同族会社事業用宅地等、貸付事業用宅地等に該当するものです。

対象になる人は被相続人が住んでいた宅地であることで、これは被相続人の配偶者、被相続人と同居していた親族が該当します。
また被相続人と同居していなくても被相続人に配偶者がいないこと、被相続人と同居している相続人がいないこと、被相続人が亡くなる前3年間、日本国内にあるその人又はその人の配偶者の所有する、家屋に居住したことがないことに当てはまれば適用されますのでこちらも覚えておいてください。

相続税で重要な小規模宅地の特例

小規模宅地の特例

相続税を考える時、重要となるのが小規模宅地の特例です。
これに関しては、評価額を減額してもらうことができることがあります。
小規模宅地の規模によっても違ってくるのですが、宅地を財産評価する場合は、その評価額も6割~8割ほど下げることができるのです。

それが、総規模宅地の特例というものです。
あまりこの手の話についてわからない方も多いと思いますが、簡単に言えば評価額が減額されるので、それにかかってくる税金の負担
も少なくなるということです。
相続税などでメインに使われることもありますが、財産評価に関する特例なので、贈与税などに関しても使われることがあります。
そこはそれぞれ違ってくるのですが、簡単に言うと節税や税金対策になるので、しっかりと把握しておきたいところです。
ちなみに、この特例を受けるためには条件を満たしていないといけないので、その点はしっかり把握しておきましょう。

これらの特例に関しては、条件として小規模宅地としています。
つまり大規模宅地の場合は適用されませんし、会社の事務所や建物などにも適用されません。
そもそも宅地となっているので、そこは会社で使っているものなどは特例が受けられないということを理解しておくことが必要です。
もちろん、会社は会社で優遇されている面もあるので、そこは理解しておくと良いと思います。
ちなみに小規模宅地というのは、一般的に住居などとして使われているものを指すことが多いです。
それらの評価額に関しては、正直なところ高いと相続や贈与の際に負担も大きくなります。
それではあまりにも個人に対する負担が大きくなるため、国税庁が特例を定めているのです。
規模によって変わってくるものの、実際には8割ほど評価を減額することもできるので、非常に効果的な節税・税金対策になるでしょう。

ただ、これらに関してはわからないことも多いはずなので、知識がないという方は専門家に相談してみてください。
例えば、税理士などは必要となる手続きをすべて代行してくれますし、この手の特例の他に節税や税金対策できることも教えてくれます。
税理士は税金のスペシャリストと言えるので、活用してみてください。
ただ、プロフェッショナルと呼ばれている税理士でもピンキリなので、そこは評価や評判も参考にしてから利用することをおすすめします。
上手に活用すれば、より財産評価で得をすることも多くなるでしょう。

小規模宅地の特例と申告期限

小規模宅地の特例について、条件下にあてはまる土地は多く相続に関する計算も容易で幅広い方が活用することができます。
そのため個人で計算を行い、相続税が発生しないからといって安心してはいけません。
相続税に関しては申告を行うまで確定しません。
もし申告を失念してしまうと取り返しのつかないことになることもあります。
小規模宅地の特例の適用とそれに伴う相続税の申告、期限についても確認しておくようにしましょう。
≫ 『小規模宅地の特例と申告期限』

小規模宅地の特例の相談を行う

小規模宅地の特例を適用することができれば相続する土地を大幅に減額し、相続税を節税することができます。
また相続に関する計算などは難しいことも多いですが、小規模宅地の特例については相続する土地の評価額へ減額率をかけるだけで求めることができるので手軽です。
そのため専門家などの尽力なくして手軽に節税対策ができると思いがちですが、前もって注意しておきたいこともあります。
≫ 『小規模宅地の特例の相談を行う』

小規模宅地の特例の専門家

小規模宅地の特例は節税効果が高く、土地の相続においては適用できるかを焦点に語られることも多いでしょう。
そんな小規模宅地の特例について、最初から適用できないと考えて諦めてしまう場合や、適用の範囲外だと決め込んでしまっているケースが見られます。
実際には小規模宅地の特例を適用することができるというケースもあるので、相続に関してはまずは税理士などの専門家に相談してみるのが確実な手段となります。
≫ 『小規模宅地の特例の専門家』

配偶者の小規模宅地の特例

小規模宅地の特例において、配偶者が存在し相続する場合にはどのようなポイントに気をつけておくべきなのでしょうか。
土地の相続に関して小規模宅地の特例を適用させるには要件を満たしていることが必要になります。
その中のポイントとして、どの敷地を誰が相続するのかということが重要になります。
≫ 『配偶者の小規模宅地の特例』