相続税で重要な小規模宅地の特例 - 知ってました?相続における小規模宅地の特例

HOME » 小規模宅地とは » 相続税で重要な小規模宅地の特例

相続税で重要な小規模宅地の特例

小規模宅地の特例

相続税を考える時、重要となるのが小規模宅地の特例です。
これに関しては、評価額を減額してもらうことができることがあります。
小規模宅地の規模によっても違ってくるのですが、宅地を財産評価する場合は、その評価額も6割~8割ほど下げることができるのです。

それが、総規模宅地の特例というものです。
あまりこの手の話についてわからない方も多いと思いますが、簡単に言えば評価額が減額されるので、それにかかってくる税金の負担
も少なくなるということです。
相続税などでメインに使われることもありますが、財産評価に関する特例なので、贈与税などに関しても使われることがあります。
そこはそれぞれ違ってくるのですが、簡単に言うと節税や税金対策になるので、しっかりと把握しておきたいところです。
ちなみに、この特例を受けるためには条件を満たしていないといけないので、その点はしっかり把握しておきましょう。

これらの特例に関しては、条件として小規模宅地としています。
つまり大規模宅地の場合は適用されませんし、会社の事務所や建物などにも適用されません。
そもそも宅地となっているので、そこは会社で使っているものなどは特例が受けられないということを理解しておくことが必要です。
もちろん、会社は会社で優遇されている面もあるので、そこは理解しておくと良いと思います。
ちなみに小規模宅地というのは、一般的に住居などとして使われているものを指すことが多いです。
それらの評価額に関しては、正直なところ高いと相続や贈与の際に負担も大きくなります。
それではあまりにも個人に対する負担が大きくなるため、国税庁が特例を定めているのです。
規模によって変わってくるものの、実際には8割ほど評価を減額することもできるので、非常に効果的な節税・税金対策になるでしょう。

ただ、これらに関してはわからないことも多いはずなので、知識がないという方は専門家に相談してみてください。
例えば、税理士などは必要となる手続きをすべて代行してくれますし、この手の特例の他に節税や税金対策できることも教えてくれます。
税理士は税金のスペシャリストと言えるので、活用してみてください。
ただ、プロフェッショナルと呼ばれている税理士でもピンキリなので、そこは評価や評判も参考にしてから利用することをおすすめします。
上手に活用すれば、より財産評価で得をすることも多くなるでしょう。