小規模宅地の特例と申告期限 - 知ってました?相続における小規模宅地の特例

HOME » 小規模宅地とは » 小規模宅地の特例と申告期限

小規模宅地の特例と申告期限

小規模宅地の特例について、条件下にあてはまる土地は多く相続に関する計算も容易で幅広い方が活用することができます。
そのため個人で計算を行い、相続税が発生しないからといって安心してはいけません。
相続税に関しては申告を行うまで確定しません。
もし申告を失念してしまうと取り返しのつかないことになることもあります。
小規模宅地の特例の適用とそれに伴う相続税の申告、期限についても確認しておくようにしましょう。

まず相続する土地が小規模宅地の特例を適用できるかどうかをチェックします。
適用できるかどうかを確認したら、実際に発生する相続税を計算します。
小規模宅地の特例による減額に加えて、基礎控除によって相続税を支払う必要が無い場合でも、相続税申告書の提出が必要となります。
この際、相続税自体が発生しないと考え、申告漏れすると無申告加算税などの延滞税が発生する恐れがあるので忘れないようにしましょう。

申告期限に関しては、通常の相続税と同様であり、被相続人から相続が発生した翌日から10ヶ月間となっており、期限内に申告書を税務署に提出します。
相続税の申告期限が過ぎた後の申告について小規模宅地の特例が適用できるかどうかに関してはケースによって異なるとされています。

まず遺産分割協議が済み、なおかつ申告期限から3年以内に期限後申告書を提出する場合には特例の適用ができると考えられています。
次に申告期限を過ぎ遺産分割協議が続いている場合、申告期限から3年以内に遺産分割が確定した場合には、あらかじめ申告期限後3年以内の分割見込書を提出しておく必要があります。
分割見込書を提出していない場合には適用不可とされるケースもあるので、あらかじめ管轄の税務署へ問い合わせておくと良いでしょう。
そして申告期限から3年を超過して遺産分割が確定した場合には小規模宅地の特例を受けることができません。
場合によっては承認申請書の提出で適用対象になるという見解も見受けられますが、あらかじめ管轄の税務署と相談する必要があるでしょう。