小規模宅地の特例の相談を行う - 知ってました?相続における小規模宅地の特例

HOME » 小規模宅地とは » 小規模宅地の特例の相談を行う

小規模宅地の特例の相談を行う

小規模宅地の特例を適用することができれば相続する土地を大幅に減額し、相続税を節税することができます。
また相続に関する計算などは難しいことも多いですが、小規模宅地の特例については相続する土地の評価額へ減額率をかけるだけで求めることができるので手軽です。
そのため専門家などの尽力なくして手軽に節税対策ができると思いがちですが、前もって注意しておきたいこともあります。

それは本当に相続する土地が小規模宅地の特例が使えるかどうかの判断になります。
実際に想定しているケースと、判断されるケースが異なり小規模宅地の特例が認められないということもあります。
どのようなことに気をつけておけばよいのかについて、あらかじめチェックしておきましょう。

小規模宅地の特例の相談で多い内容が、実際の土地が適用できるかどうかになります。
一見認められそうで認められない事象について、被相続人が老人ホームや病院に入っている場合、住んでいる住宅として認められない場合があります。
あくまでも老人ホームや病院の方へ住んでいるとされるため、混同してしまいがちなポイントになります。
次に2世帯住宅の場合も小規模宅地の特例に含まれることはありません。
また特定事業用宅地の場合、土地の名義人は被相続人であり、その土地に建てている名義が法人名義となっている場合には特定事業用宅地として認められません。
このような場合には小規模宅地の特例が認められないことがあります。

ただしケースによっては小規模宅地の特例が適用になることもあります。
被相続人が病院や老人ホームに居る場合、要介護認定や要支援認定を受けており配偶者が相続する場合や、相続人が相続開始から申告期限まで居住していれば特例を受けることができます。
2世帯住宅の場合、区分所有登記が設定されていると小規模宅地の特例を使うことができません。
しかし相続から前もって区分を被相続人名義に変更しておくことで小規模宅地の特例を受けることができます。

あらかじめ税理士などの専門家に相続に関する相談を行い、前もって対策しておくことが肝心です。
土地の相続は高額になることが多いので相続税の税務調査が入ることも多くあります。
専門家に相談しておくと安心できますので活用しましょう。