小規模宅地の特例の専門家 - 知ってました?相続における小規模宅地の特例

HOME » 小規模宅地とは » 小規模宅地の特例の専門家

小規模宅地の特例の専門家

小規模宅地の特例は節税効果が高く、土地の相続においては適用できるかを焦点に語られることも多いでしょう。
そんな小規模宅地の特例について、最初から適用できないと考えて諦めてしまう場合や、適用の範囲外だと決め込んでしまっているケースが見られます。
実際には小規模宅地の特例を適用することができるというケースもあるので、相続に関してはまずは税理士などの専門家に相談してみるのが確実な手段となります。

小規模宅地の特例には適用要件があり、これを満たしていないと活用することはできません。
そのため、相続の前後で要件を満たすように行動することが節税につながります。

例を挙げると、被相続人から相続した土地が小規模宅地の特例の条件を満たし、相続税について期限内に申告を済ませすべて完了したと思い込んでしまうことがあります。
申告書を提出することで相続税に関するすべての処理が終わったと思いこみ、相続した土地を売却処分してしまうことがあります。
相続が発生する翌日から10ヶ月以後であれば問題はありませんが、10ヶ月以内の場合は申告期限まで土地を所有する要件から逸脱することになってしまいます。
10ヶ月以内に売却してしまった場合には税務署から小規模宅地の特例が却下され、申告をやり直すように通告されるでしょう。

そのほかにも現在被相続人とは別居中であり、小規模宅地の特例が受けられるとは想定しておらず、賃貸物件などを購入してしまった場合には小規模宅地の特例の要件を満たすことができなくなってしまいます。
別居中であってもケースによって、被相続人から相続する土地に対して適用要件を満たすことで認められることがあります。
このように行動一つでも結果が異なってきます。

特に小規模宅地の特例については減額が大きく、節税効果も高いものです。
将来的に土地を相続することを検討している方は専門家に相談し、対策や手段を知ることが納得できる結果につながるでしょう。