小規模宅地の特例の計算方法 - 知ってました?相続における小規模宅地の特例

HOME » 小規模宅地とは » 小規模宅地の特例の計算方法

小規模宅地の特例の計算方法

被相続人から土地の相続を受ける場合、小規模宅地の特例を適用することで大幅な減額を受けることが可能になります。
居住用の土地、事業用の土地、貸付用の土地それぞれ相続の際に要件を満たすことで特例の適用を受けることができます。

税制の改正により基礎控除は控除額が減額されていますが、小規模宅地の特例に関しては一部拡大になっています。
それは居住用の土地の相続に関しては以前は240平方メートルまでが適用面積でしたが、330平方メートルに拡大されています。
そのためこれから相続を受ける場合には恩恵を受けることができます。
これから小規模宅地の特例の計算を行う場合には間違えないよう気をつけておきましょう。

小規模宅地の特例を計算するにあたって、相続する土地の種類、相続する土地の数によって計算が異なってきます。
そのため一概に当てはまるパターンを確定することはできませんので、個人のケースに合わせた計算方法を探る必要があるでしょう。
小規模宅地の特例がすべて適用できると考え、土地を1つだけ相続した場合は、土地の評価額×減額率で相続額を求めることができます。

居住用、事業用、貸付用で適用面積と減額率が異なるので注意が必要です。
また複数の相続人で一つの土地を分割して相続した場合は、適用面積分までとなります。
分割しても適用分は変動しないので念頭に置いておくようにしましょう。

土地を複数相続した場合には、居住用、事業用、貸付用それぞれの組み合わせになります。
居住していたとみなされる土地は一つであり、事業用の土地を複数相続して小規模宅地の特例を適用するということはまず無いので除外します。
土地を複数相続した場合、小規模宅地の特例の限度面積までそれぞれ適用を受けることができます。
居住用と事業用は完全併用適用は可能となっており、2つの土地を相続した場合は最大730平方メートルまで適用することができます。
貸付用の土地は併用適用が出来ないため、限度面積以内の特定事業用宅地等×200/330+限度面積以内の特定事業用宅地等×200/400+限度面積以内の貸付事業用宅地等≦200平方メートルの計算式で求めることができます。