小規模宅地とはの記事一覧 - 知ってました?相続における小規模宅地の特例

HOME » 小規模宅地とは

小規模宅地とは

小規模宅地の特例と申告期限

小規模宅地の特例について、条件下にあてはまる土地は多く相続に関する計算も容易で幅広い方が活用することができます。
そのため個人で計算を行い、相続税が発生しないからといって安心してはいけません。
相続税に関しては申告を行うまで確定しません。
もし申告を失念してしまうと取り返しのつかないことになることもあります。
小規模宅地の特例の適用とそれに伴う相続税の申告、期限についても確認しておくようにしましょう。
≫ 『小規模宅地の特例と申告期限』

小規模宅地の特例の相談を行う

小規模宅地の特例を適用することができれば相続する土地を大幅に減額し、相続税を節税することができます。
また相続に関する計算などは難しいことも多いですが、小規模宅地の特例については相続する土地の評価額へ減額率をかけるだけで求めることができるので手軽です。
そのため専門家などの尽力なくして手軽に節税対策ができると思いがちですが、前もって注意しておきたいこともあります。
≫ 『小規模宅地の特例の相談を行う』

小規模宅地の特例の専門家

小規模宅地の特例は節税効果が高く、土地の相続においては適用できるかを焦点に語られることも多いでしょう。
そんな小規模宅地の特例について、最初から適用できないと考えて諦めてしまう場合や、適用の範囲外だと決め込んでしまっているケースが見られます。
実際には小規模宅地の特例を適用することができるというケースもあるので、相続に関してはまずは税理士などの専門家に相談してみるのが確実な手段となります。
≫ 『小規模宅地の特例の専門家』

配偶者の小規模宅地の特例

小規模宅地の特例において、配偶者が存在し相続する場合にはどのようなポイントに気をつけておくべきなのでしょうか。
土地の相続に関して小規模宅地の特例を適用させるには要件を満たしていることが必要になります。
その中のポイントとして、どの敷地を誰が相続するのかということが重要になります。
≫ 『配偶者の小規模宅地の特例』

小規模宅地の特例の種類とは

小規模宅地の特例を適用させることで被相続人から相続する土地の評価額を大幅に減額することが出来ます。
そのため土地を相続する場合には適用できるかどうかを最初に確認しておきたいことの一つとして取り上げられることも多いです。
この規定に関しては、被相続人から相続する土地に対して、一定の要件を満たしている上で特例を受けることができるのです。
相続する土地の種類によって、要件や減額できる割合などが異なっています。
≫ 『小規模宅地の特例の種類とは』

小規模宅地の特例の条件とは

小規模宅地等の特例とは、被相続人から土地を相続するにあたって一定の条件を満たしていると特例が使用できるというものです。
小規模宅地の特例は土地の評価額から8割減額することができるので、節税効果が非常に高く注目されています。
この小規模宅地の特例の対象となるのはすべての土地というわけではありません。
細かく条件などが設定されていますので、これから土地を相続するという方はご自身が対象になるかどうかをチェックしておきましょう。
≫ 『小規模宅地の特例の条件とは』